大切な子どもたちの健やかな成長のために集う
日本保育園保健協議会HOME > 保健情報 > 保育園に入る前の予防接種

保健情報

「保健情報」一覧に戻る

保育園に入る前の予防接種

麻しんは集団生活に入る前に済ませましょう。
かかりつけの医師と相談して計画を。

麻しん
  • 1歳前に入園する場合には、9か月を過ぎたら接種を勧めます。
    (これは定期接種とはならず、有料になります)
    *ただし、追加接種も必要になります。
  • 1歳以上の児で未接種の場合は、すぐに接種を。
MR混合
(麻しん・風しん)
  • 平成18年4月より 1期  12〜24か月未満
                2期  5〜7歳(小学校入学前の1年)
風しん
  • 1歳以上の児で未接種の場合は、接種計画を建て接種をMRワクチンが
    定期接種に組み込まれ変りましたので、かかりつけの医師と調整してください。
三種混合
(百日咳、ジフテリア、
破傷風)
  • 3か月以上の児で未接種の場合は、接種計画を建て接種を。
結核(BCG)
  • 6か月未満の児は接種を。
ポリオ
  • 機会があれば接種を。
日本脳炎
  • 6か月以上の児で未接種の場合は、接種計画を建て接種を。
    新しいワクチンの登場、まだ遅れそうですので、かかりつけの医師と調整してください。
水痘(みずぼうそう)
  • 家庭の事情などを考慮に入れ決めよう。共稼ぎか、兄弟の人数など考慮に入れて。
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
  • 家庭の事情などを考慮に入れ決めよう。共稼ぎか、兄弟の人数など考慮に入れて。
インフルエンザ
  • なんのために接種するのか、時期、効果を検討して決めよう。
その他
  • B型肝炎、肺炎球菌などかかりつけの医師と相談してください。